大田原白髪染め・リタッチ

今回はマダムの皆さんがお悩みの”白髪”について考えてみたいと思います。

話のオチではナトゥレーザの考える”白髪の悩み”へのアプローチ、

当店の方針なんかが分かると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

(また話が長くなりそうなので、先にオチを匂わせときますね)

 

さて、サロン業界の統計によりますと…

 

年代別の髪に対するお悩みで30代から50代女性のトップは、

はい。皆さんと同じようにこの”白髪問題”でございます。

ちなみに20代までは”髪のダメージ”、”クセ毛”なんですね。

年齢を重ねるごとに避けられない白髪に対するお悩みがダントツで多くなってまいります。

 

30代も後半に差し掛かり、ある朝いつもと同じように鏡を見ると髪の分け目に白髪を発見!

あらん、やだ~。ショック!

お子さんや旦那さんに「あれママ白髪があるよ~」なんて言われて…

改めてムキー!ショック!!

アワアワ。なんとか隠さなきゃ!!!

白髪染めデビュー♪

 

なんていう、わりとこんなベタな展開多いのではないでしょうか?

 

 

気が付いちゃうと!気になっちゃって!!気にしすぎちゃう!!!のがオトメゴコロ♪

その辺はもう重々~承知しておりますっ!

 

そこでなんとか白髪を隠そうと皆さんの奮闘が始まるわけですが、

まずは市販のセルフカラーなんかに手を出しがちですよね!

お値段はお手頃だし、自分で気軽に出来ちゃう♪

ナトゥレーザをご利用の良い子の皆さん(笑)はもうすでにその危険性をご存知だと思いますが、

あらためて白髪染めビギナーの皆さんのために、1点だけ注意させていただきます!

 

面倒くさいからって毎回”全頭染め”しているようであれば、次回からはやめましょう。

せめて白髪が気になる部分、伸びた部分だけを染める、これ”リタッチ”といいます。

“リタッチ”を繰り返して、色落ちやムラが気になった時に全頭染めるようにすれば、

アルカリによる髪のダメージを極力少なくすることができるはずです。

 

白髪を隠すためのはずだった白髪染めのせいで、

逆にハイダメージのパサパサぺたんこの”老け髪”が完成してしまいます!

「あぁあの人、白髪染めしてるのねぇ…(コソコソ)」なんて、

バレッバレの結果になってしまいますのでご注意くださいね。

これをうちでは「白髪染めスパイラルによる本末転倒現象」と呼んでおります。なんつって…

 

髪が傷む傷まないはおそらくセルフカラーをお選びの時点で、

あまり髪に対しての頓着もなさそうですので、

あえて止めません!どうぞご自分の気が済むまでお試しくださいw

人間経験してみないと分からないことってありますもんね♪

 

もう一つ言っておきたいのは、

藤原紀香はセルフカラーやってるはずないっ!ってことwww

「今日はCMの撮影なんで、昨日セルフカラーでマネージャーに染めてもらいました~」

なんて10000%ありませんからねwww

 

 

さてさて、よーくよく考えてみたら自分で染めるの面倒くさいし、染まりもムラになりやすい…

お風呂や洗面台も汚れるし、ラップ撒いてウロウロしてるとお子さんのママ離れが進むしwww

何かと弊害も多いセルフカラー。そんな中、

すでに白髪染めが習慣化した団塊の世代と”白髪世代”に突入した団塊Jr.をターゲットにした

“白髪染め・カラー専門店”なんていう種類のサロンが現在全国的にブームになっています。

(いつの時代も人数が多いというだけでカモられる団塊Jr.世代の自分が恨めしい…)

 

通常のサロンに比べて低価格で、ちゃんと美容師免許を持ったプロがカラーやリタッチまでしてくれます。

使用する薬剤も通常のサロンで使用されるようなもの「らしい」ので、セルフカラーに比べれば断然おすすめです!

セルフカラーやるくらいなら白髪染め専門店に行くべきです!(キリッ!)

 

ただここでちょっと気になることがありまして、

当店をご利用のお客様にもいらっしゃいますが、リタッチとはいえカラーの頻度が増えていってしまうと、

また新たな問題が起こりかねないという心配があるんです。

 

皆さんはどのくらいの頻度で白髪染めのリタッチをしていますか??

 

1ヶ月で根元の白髪が目立つので、必ず1ヶ月に1回!!という方、少なくないと思います。

1ヶ月以内に行くと割り引きになるから(うちじゃないですよ)必ず1ヶ月に1回!!ふんがー!

なんてうまいこと”白髪染め中毒者”にされちゃったりしていませんか?

 

ちなみにナトゥレーザでは、白髪染めのリタッチは2,3ヶ月毎を目安におすすめしております。

髪が1ヶ月に伸びる長さ約1cmごとにリタッチをするということは、

カラー剤が頭皮に付く可能性が非常に高くなるということですので、

できるだけ薬剤によるアレルギーを引き起こす原因を減らしたいからなんです。

 

どんな薬剤であれ、オーガニック原料95%とはいえ、残りの5%は化学物質である限りは、

できるだけ頭皮に付けないように配慮するのが、お客様の髪の将来を預かる美容師の役目だと考えています。

 

 

ちょっとここで、「ヘアカラー アレルギー」で画像検索してみましょう~♪

 

当ブログにはちょっと張るのを躊躇する、なかなかエグい画像がご覧いただけたかと思いますが、

割とヘアカラーによるアレルギーのことをご存知ない方も多いようで、

場合によっては、現役の美容師さんでも知らずに施術を行っている方が少なくないようです。

 

2年に1度くらいニュースで取り上げられますが、業界で改善はされていませんので、

サロンでの注意喚起と消費者であるお客様自身の理解が必要でしょう。

大田原美容室アレルギー

かねてから問題になっているのは、

カラー剤に含まれている「PPDA(パラフェニレンジアミン)」という化学染料成分で、

ちょっと健康に気をつけている方なら耳にしたことがあると思いますが、

通称「ジアミン」と呼ばれているものです。

 

簡単に言うとこの「ジアミン」の働きのお陰で、髪を染めることができるのですが、

現在日本で使用されているカラー剤には、ほぼこの「ジアミン」が含まれています。

当店でも使用しているカラー剤にも量の違いはあれ含まれています。

 

特に髪を濃い色に染める、ダークトーンにする白髪染めにはこの「ジアミン」の働きが不可欠ですので、

もともと黒髪の多い地域、日本を始めアジアの国々では「ジアミン」を使用したカラー剤が現在でも普及しています。

 

一方、ヨーロッパなどでは早くも「ジアミン」はアレルギーを引き起こす有害な化学物質として

一般向けの使用が禁止され、多くの国で一部使用が禁止されている現状があったりします。

ヨーロッパでは日本の白髪染めなんか売ってちゃダメ!ってことなんですね。

 

「ヘアカラー アレルギー」での画像検索でもご覧いただいてお分かりのように、

この成分はアレルギーの素になるアレルゲン物質です。

花粉症やアレルギーでお悩みの方はご存知だと思いますが、

アレルゲンは体内に蓄積し、その人の許容量を越えた時に発症するというものです。

大田原ヘアサロンnaturezaアレルギー

もともとの体質や生活環境など個人差はありますが、

今までなんでもなかったのに、ある時突然アレルギー症状が出ることが予測されます。

ヘアカラーで頭皮がピリピリしたり、かゆくなった、沁みるなどの症状が出た場合には、

アレルギー物質以外の刺激物の原因も考えられますが、断定できないうちはすぐに使用を控えるべきです。

使用に際しては十分に注意して取り扱わなければならないシロモノなんです!

 

そんなグレーなシロモノが平然とスーパーやドラッグストアで売られている現状も…ですが、

私たちが暮らす経済最優先の世界では、残念ながらそんなもんですよね?

相対的に被害を訴える人の数が少ないのと(とはいっても年平均200件程度)、

「今のところ」このジアミンに変わる代替成分見つからないため、

消費者自身でリスク管理をするように注意喚起だけされているのが実情です。

ただ「ヘアカラーが流行し始めた頃からずっとカラー続けてきた世代」と「アレルギーに対しての免疫が低い世代」によって

今後症状がさらに顕著化してくることは十分に予測できます。

 

というわけで、話は戻りまして…今度は、

皆さんこれからはどのくらいの頻度で白髪染めのリタッチしましょうか??

皆さんにはちょっと立ち止まって、一度考えていただきたいと思います。

 

「もう毎月一回はリタッチしないと気が済まないっ!つき1回っ!つき1回っ!」

という方は、恐れ入りますがもう一度この記事を頭っから読み直していただくとしまして…

 

いよいよナトゥレーザのご提案する“白髪問題へのアプローチ”をご紹介したいと思います。

 

①まめにリタッチされたい方は、黒髪と白髪のギャップが目立ちすぎているからかもしれません。

普段のカラーをちょっと明るめにして、白髪とうまくなじませてみてはいかがでしょう?

白髪を隠すことばかりに気をとらわれて、「木を見て森を見失う」ことがないように、

スタイル全体のバランスと今後の方針をスタイリストにご相談いただくといいかもしれません。

 

②根元1cmごとに染めるのは薬剤が頭皮につく確率が高くなるため、アレルギー発症の危険性があります。

今後の人生しばらく白髪のリタッチを続けていくおつもりなら、なるべく回数を減らして(2,3か月に1回)、

気になる時に気になる部分にだけ使えるコンシーラーなどの併用もおすすめしております。

 

③アレルギーの不安がある方は、ジアミン成分を含まない“ヘアマニキュア”や“ナチュラルヘナカラー”はいかがでしょう?

ただし“ヘアマニキュア”はカラー剤よりも色落ちが早くなります。“ヘナカラー”は履歴毛にパーマやストレートが掛けられなくなるため、

残念ながらパーマやストレートがウリの当店ではお取扱いしておりません。

 

⑤それでもリタッチしたいの!という方のために、ただいま「ノンジアミンカラー」を研究中です!

白髪染めによるダメージやアレルギーの問題から、近年不可能だと言われていた「ジアミン」を使用しないカラー剤も開発されてきています。

まだまだ白髪染めカラー剤の需要が多いので、普及には時間が掛かると思われますが、

ナトゥレーザではいち早く「ノンジアミンカラー」を導入し、

来春には新メニューとしてご提供する予定です。こちらはしばらくお待ちください!

 

④もう白髪は染めない!という選択!

「白髪はみっともない」という感覚も時代とともになくなって来ています。年齢にともなう自然現象に抗うことなく、

ありのままの自分を受け入れた上で、おしゃれを楽しむのがこれからの時代のトレンドになるのではないでしょうか?

みんな同じ黒髪でいなきゃいけない理由なんてないわけですから、白髪染めによるダメージやアレルギー、

毎月の予算を気にすることなく、ストレスフリーでヘアスタイルやそれに似合うおしゃれを楽しむ方がよろしいかと…

 

以上がナトゥレーザの今のところのご提案でございます。

お客様各自の価値観やライフスタイルで、ご希望の方法をお選びいただきたいと思います。

 

通常であれば、ヘアサロンの立場自らからヘアカラーの危険性なんかお知らせすることもなく、

特にお客様からの需要の多い白髪染めやリタッチなど、サロンにとっての稼ぎ頭をdisる必要はないと思います。

黙ってやってりゃガッポガッポなはずなんですが、

ナトゥレーザでは、皆さんの明るくストレスフリーな未来のために、

後悔のない正しい選択をしていただきたいなぁ…と常日頃考え、そういうお手伝いをさせて頂きたいんですね。

 

「いままで安全だって言ってたじゃない…」なんていう、

「原発」みたいな問題が起こって後で文句を言ったとしても、

結局はウヤムヤにされちゃうことって、この世の中いっぱいありますので、

日頃から消費者である私たちが知識を身につけて、気をつけておくことって大事だと思うわけなんですよ。はい。